エコで快適|屋根カバー工法

屋根カバー工法

屋根のカバー工法(重ね葺き)の・メリットとデメリット!

葺き替えとの違いは

屋根のリフォームをする際には、【カバー工法(重ね葺き)】と【葺き替え】、どちらの工法が良いのでしょうか。今回は、屋根のカバー工法(重ね葺き)のメリット・デメリットの他、「修繕費に火災保険は使える?」「ガルバリウム鋼板などのおすすめメーカー品は?」といった様々な疑問にお答えします!

屋根のカバー工法(重ね葺き)とは?

カバー工法

カバー工法(重ね葺き)は、既存の屋根の上に、防水シート(ルーフィング)と新しい屋根材をかぶせる工法のことです。
スレート、軽量金属屋根などのような平板の屋根材の上からですと施工することができます。

屋根を一度剥がして張り替える工事の場合、剥がす時の手間がかかります。
また、既存の屋根が2004年以前に製造された「スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)」の場合、人体に悪影響を及ぼす「アスベスト(石綿)」を含有している可能性があり、屋根材の処分費が高額になってしまうこともあります。

解体作業を必要としないカバー工法は、短期間に低コストでリフォームできることから大変人気を集めています。

屋根カバー工法のメリット・デメリット

メリットデメリット

カバー工法のメリット

メリット① リフォーム費用が安い
カバー工法は、元々あった屋根の上に新しい屋根材を重ねるだけの工事のため、古い屋根材を撤去するための人件費・廃材処分費が発生しません。
そのため、リフォーム全体にかかるリフォーム費用が安価です。
メリット② 工事完了が早い
葺き替え工事の場合は、古い屋根を取り外す際に養生をする必要がありますが、カバー工法ではそれらの養生を省略することができます。
通常、葺き替えリフォームの場合は工事期間が8~30日程度かかりますが、カバー工法であれば約6~14日程度でリフォームが完了します。
メリット③ 騒音・ホコリのトラブルが少ない
屋根を交換する際には、騒音やホコリに悩まされることが多く、ご近所様とのトラブルになってしまうケースがあります。
カバー工法であれば、工事中に大きな音やホコリが発生するリスクが少ない上、工期が短いので、周囲の方に迷惑をあまりかけずに済みます。
メリット④ アスベストにも対応可能
2004年以前、屋根のスレート材料には、ガンの原因になりやすいアスベスト(石綿)が使用されていました。
現在では製造・販売・使用共に中止になっていますが、まだ屋根にアスベスト材が含まれている建物も残っています。
しかしながら、アスベストの処分費用は高額で、また解体時にアスベストが近所に飛散しないよう対策しなくてはなりません。
カバー工法なら、屋根を壊すことなくリフォームできるため、このようなリスクがございません。
メリット⑤ 断熱・遮音性・防水性が向上する
既存の屋根と新しい屋根の二重構造になるので、断熱性や遮音性、防水性がアップいたします。
特にガルバリウム屋根で雨音が気になっているという方にはおすすめです。
カバー工法のデメリット
デメリット① 瓦屋根には、ほぼ対応できない
元々ある屋根の上に、フラットな金属屋根材を固定することをカバー工法の方式です。
つまり、波型の形状の屋根、厚みがある屋根材の上には、固定することが難しいため、陶器やセメントで作られた日本瓦の屋根は、カバー工法には不向きとなります。
瓦棒屋根は、カバー工法を施工することは不可能ではありませんが、思い切って葺き替え工事を行うのが効率的と判断されることがほとんどです。
デメリット② 内部補修が必要な屋根はNG
屋根の下地や内部が劣化している時は、その上から新しい屋根をかぶせるだけではとても危険です。
下地から劣化している屋根の場合、まず先には補修しなければいけません。
また、下地材が古くなっている場合も、雨水などを吸収して腐食していく可能性があるため、新しい屋根材を固定する際に釘が打つことができず、葺き替え工事を行うことになるパターンがあります。
デメリット③ 火災保険の活用は不向き
強風や雪の影響で破損してしまったり、雨漏りしていたりする場合に、火災保険を利用して屋根を修繕したいと思う方もいらっしゃることでしょう。
この場合、カバー工法では申請できない可能性が高いです。
火災保険の対象になるのは、原則として「雷や強風の被害に遭わなかった場合の状態へ戻す」ための工事です。
基本的に、良い屋根材を使用して見映えもきれいにするカバー工法では、保険が適用されないケースが多いです。
特に雨漏りしている場合は、下地が劣化している可能性が高いため、カバー工法ではなく葺き替えを検討するべきでしょう。

カバー工法にはメリットもあれば、デメリットもあります。

カバー工法が適さないケースもあるので、まずはお住まいの屋根がカバー工法に適しているのかREI-WAハウスにご相談ください
カバー工法を相談してみる

カバー工法の耐用年数
カバー工法

カバー工法でリフォームした屋根の耐用年数は、だいたい20~25年です。
メンテナンスは葺き替えをした屋根とほぼ同じで、10年に1回程度で充分でしょう。

カバー工法より「葺き替え」が向くケースとは?
葺き替え

屋根のカバー工法が向かないのは具体的にどのようなことか、確認しておきましょう。
以下のような場合には、葺き替えてしまった方が良いケースが多いです。

日本瓦(陶器やセメント)など重さや波がある屋根で、新しい屋根材を固定するのが困難な場合
腐食などで下地が劣化または、雨漏りが発生している場合
リフォームにかけられる予算・時間に余裕がある場合
修繕費用に火災保険を活用したい場合

なお、下地がまだ丈夫かどうか、火災保険を申請しやすい工事ができるかどうかなどは、実際に見てもらわないと判断しづらいものです。

まずは屋根リフォームが得意なREI-WAハウスに現地調査を依頼してください、屋根の状態と予算に合った工事プランをご提案させていただきます。

カバー工法を相談してみる
屋根カバー工法 | おすすめのメーカー商品3選

屋根のカバー工法でおすすめのメーカー商品をご紹介します。
もちろん以下の他にも、様々なメーカーが優良な屋根材を開発しているので、是非REI-WAハウスと打ち合わせしながら最良の物を選びましょう。

ケイミュー【ROOGA(ルーガ)】(セメント瓦)
軽さ・耐久性・そして美しさを兼ね揃えたた、カバー工法におすすめセメント瓦です。
瓦が持つ重厚感を維持しつつ、重さを従来の瓦の1/2以下に軽量!強い衝撃があっても割れにくいため、軽くてもしっかりと住まいを守ります。
ニチハ【横暖ルーフS】(ガルバリウム鋼板)
「超高耐久 横暖ルーフ」シリーズの中でも手頃なスタンダードタイプの商品です。
遮熱鋼板および断熱材の一体成型により、高い遮熱性・耐久性を持っています。
ポリエステル塗装の塗膜15年保証の他、穴あき25年間保証、赤サビ20年間保証も付いているので、施工後も安心です。
ケイミュー【スマートメタル】(ガルバリウム鋼板
優れた遮熱性を発揮するため、屋根裏の暑さ対策をしたい方には最適と言えるでしょう。
7mm厚以下のアスファルトシングルおよびスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の重ね葺きに対応しています

家全体を守ってくれる屋根のリフォームは、計画的に行わなくてはなりません。

ご家庭の屋根をリフォームする際には、この先も長期にわたって住み続ける建物か、予算はどの位まで用意できるかを決めておき、最適な工法や商品で施工してもらうよう、REI-WAハウスにぜひご相談ください!

お気軽にお問い合わせください。0120-82-0071受付時間 9:00 – 18:00

お問合せはこちら お気軽にお問合せください。